飾り

メニューを開く

ブログ

2018/12/21

2階リビングのメリットとデメリットを解説

2階リビングのメリットとデメリットを解説 写真

家の間取りを考えるときに、1階にリビング・ダイニング・キッチンがあり、2階には寝室や子ども部屋があるものと考えていないでしょうか?

かつての住宅の間取りは確かにそれが基本でした。しかし、最近ではそれとは逆に、2階にLDKを配置し、1階に個室を設ける家も増えています。

そのような設計の家を「2階リビング」と呼びますが、どんな特徴がありどんなメリットやデメリットがあるのか解説します。

2階リビングは住宅密集地に適した設計

2階リビングのメリットは何と言っても、家族が長い時間を過ごすリビングに光を採り込みやすいことです。そして、2階にあることによって、外からリビングが丸見えになることがなく、カーテンやブラインドを開け放して気持ちよく暮らすことができます。

もし広々とした土地があり、そこにゆったりと家を建てられるなら2階リビングにこだわる必要はありません。しかし、もし隣家が迫った小さな敷地に家を建てるのだとしたら、1階に日光をたっぷり採り込むことは難しいでしょうし、窓の向きによっては一日中レースのカーテンを閉めっぱなしで過ごすことになります。

ですので、2階リビングは住宅密集地で快適に暮らすための手段と言えます。

1階は光が採りこみにくいですが、特に長い時間を過ごすことがない洗面脱衣室や浴室、光を必要としない納戸、夜寝るときに使う寝室などを配置すればそれほどのデメリットを感じることがないでしょう。

子ども部屋も快適にし過ぎないことで、お子さんがリビングで家族と過ごす時間が増えるでしょうし、リビングの一角に勉強スペースを設けるのもいいでしょう。

2階リビングは構造的にも合理的

さらに、構造的にも2階リビングは合理的です。住宅は2階よりも1階の方が掛かる荷重が大きいため、柱や壁の量も1階の方が2階より多くなります。

つまり、2階にリビングを配置すると、1階よりも柱や壁が少ない開放的な大空間をつくりやすくなるのです。

1階に個室を配せば、自ずと壁の量をたっぷり確保できるので構造的に強い家ができ上がります。

2階リビングのデメリットは、階段の上り下りが増えること

ここまで2階リビングのメリットについて説明をしてきましたが、もちろんデメリットもあります。それは、玄関に入ってから毎回階段を登らなければLDKに辿り着けないことです。スーパーでまとめ買いをして、すぐにでも重たい食品を冷蔵庫に入れたい時に、毎回階段を登らなければならないのは2階リビングのデメリットです。

また、1階にリビングがあれば庭との一体感を楽しむことができますが、2階ではそういうわけにはいきません。

そして、1階にLDKがある場合、生活に必要な機能を1階に配置すれば平屋のように使えますので、将来足腰が弱くなってきた時にも安心して暮らせる家になるでしょう。

もちろん、住まいや暮らしに対する価値観は人それぞれですので、どんな敷地条件であったとしても、どちらが最適な家になるかは住む家族によって異なるものです。

ただ、2階リビングという選択肢もあるということを知って頂くことで、より良い家づくりが考えられるようになりますし、土地選びの基準も変わってきます。

気になる土地が見つかったけれども、そこに快適な家が建てられるかどうかお悩みでしたらお気軽にスタイルハウスへご相談ください。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、第2.4木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る