飾り

メニューを開く

ブログ

2019/08/18

上手にお金を貯めるには?生活するのに最低必要な金額を知ることが大事

上手にお金を貯めるには?生活するのに最低必要な金額を知ることが大事 写真

よく見る「節約法」は効果が薄いものが多い

お金を上手に貯めていきたいのに、何をどうしていいか分からない…。

そのために、とりあえずテレビやネット記事で見た節約法を試してみるものの、あまり効果が分からない上に長続きしない…。

そんな経験はないでしょうか?

実はよく紹介される「節約法」というのは、我慢を強いられる割には効果が薄いものが多いものです。

例えば食費の節約。毎日高級スーパーで高い食材を買っているという人は、食費を大幅に安くできる可能性がありますが、日々スーパーで買い物をしている人が食費を大幅に削るのは難しいものです。

それに、食費を安くするための節約は幸福度を下げてしまう可能性があります。

例えば、「節約するために、晩御飯は明日から毎日そうめんにしよう!」と夫や妻に言われたら、かなりストレスが溜まるのではないでしょうか?

こまめに電気やテレビを消すことも実はそれほど大きな節約にはなりません。もちろん使っていない部屋の電気を不必要に点けておくのは無駄ですが、それよりも大きな電力を消費するのは冷暖房や給湯の方だからです。

そして、冷暖房や給湯は健康に生きていく上で必要なものですから、これを節約すると体調不良を引き起こし、結果的にもっと大きなお金と大切な時間までもが奪われてしまいます。

では、どうすればいいか?

まずは家族が生きていくための、必要最低限の金額を知ることが重要です。

食費、消耗品費、水道高熱費、住宅ローンや家賃、スマホなどの通信費、自動車のローンや自動車税と自動車保険、養育費、娯楽費、保険、お小遣い…。

これらにどれくらいのお金が掛かっているのか?実際にどれくらい必要なのか?

これを知ることができれば、以下の簡単な式で毎月どれくらい貯金ができるのかを出すことができます。

「収入」-「毎月必要な費用」=「貯金」

「毎月必要な費用」を出すには?

では、毎月必要な費用を出すにはどうすればいいか?

その方法は、家計簿を付けることに尽きます。

なぜなら家計簿を付けていなければ、毎月何にお金を使っているか分からないからです。

まずは自分たちが何にいくら使っているのか知るところがスタート地点となります。

では、どうやって貯金を増やすのか?

投資などのリスクを取る方法を除けば、貯金を増やす方法は2つです。

1つ目は収入を増やすこと。

ですが、会社員として働いている中で短期的に収入を増やすのは簡単ではありません。昇進や転職によって収入を増やすことができますが、これは日々の努力や勉強によって達成されるもので、少し長期的な話になりますので今回は触れません。

2つ目は支出を減らすこと。

先程の家計簿を2~3カ月付けていると「毎月必要な費用」が見えてきます。それと同時に、「そもそもこれを改善したら支出が大きく減りそうだな…」。ということが見えてきます。

例えば、携帯電話料金で毎月7,000円支払っているものが格安SIMにすることで3,000円程度に抑えられたり、燃費リッター10kmの大型車を燃費リッター20kmの小型車に乗り換えたり(これはガソリン代が半額になるだけでなく、自動車税や維持費も大幅に安くなります)、無駄な外食が実はすごく多かったことに気づいたり…。

これらの改善できることに一つ一つ手を付けていくと、次第に無駄が削ぎ落されて本当の「毎月必要な費用」にブラッシュアップされていきます。

それは我慢を強いる節約法ではなく、効率よくお金をコントロールする方法ですのでストレスがありません。ちょっとの工夫で節約ができるようになるので、むしろゲーム感覚で楽しめるかもしれません。

それによって、収入を上げることなく貯金を増やせるようになります。

生活するのに必要な最低限の金額を知ることができれば、漠然としたお金の不安から解放されるでしょうし、前向きな気持ちでお金と付き合えるようになるはずです。

その基本となるのが、地味なことですが、家計簿を続けることに尽きると思います。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00~19:00
 定休日:水曜日・年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る