飾り

メニューを開く

ブログ

2019/11/08

収納を1カ所にまとめる「ファミリークローク」の魅力とは?

収納を1カ所にまとめる「ファミリークローク」の魅力とは? 写真

家づくりでお客様の要望を伺うと「収納を多くしたい」という切実な声を聞くことが多いです。

結婚をして夫婦2人で暮らすのにちょうどいい賃貸アパートを借り、やがて子どもが生まれて物が増えていくと、アパートの収納に物が納まりきらなくなります。

ベビーカーやベビーベッドにベビーバス、おもちゃや絵本など、どんどん物が増えていきます。

自分たちで購入するものだけでなく、お祝いでもらうものも少なくありません。

やがて部屋に物があふれるようになり、新婚時にこだわっていたインテリアが見る影もなくなっていく…。

そんな状態で困っているからこそ、新築する家では「収納が何よりも大事!」と考える方が多いのは頷けます。

家族の洋服をまとめて収納できるファミリークローク

ただし、収納はスペースが広くて多ければいいというものではありません。

使いやすい場所にあってこそ収納は生きたものになり、生活がしやすくなるからです。

そこでおすすめしたい収納スタイルの一つが「ファミリークローク」です。

家族それぞれの洋服を各個室のクローゼットに入れるのではなく、1カ所に広めのクローゼットを設けて、そこに家族の洋服をすべて収納する方法です。

かつ、それが生活動線上の便利な場所にあることが重要です。

普段使いするものを入れる収納が行きにくい場所にあったら、結局使わなくなり、無駄な「開かずの間」になってしまいかねないからです。

洗濯後の片付けも、着替えもスムーズに

今年9月に完成した三条市西大崎のK様邸では、そんなファミリークロークを採用しています。

2階の階段を上がり、3つの個室へ向かう廊下沿いにファミリークロークが設けられています。そこに家族の洋服が収納できますので、洗濯をして乾いた服をまとめてファミリークロークに持っていくだけで片付けが完了します。

朝起きて部屋から出てリビングへと向かう途中に立ち寄り、ファミリークロークの中で着替えて、下へ降りられるので、使う時もとてもスムーズです。

また、収納を1カ所に集中させることで、各個室には収納を設ける必要がなくなりますので、部屋をすっきりした状態に保つこともできます。

もちろんすべての人の価値観やライフスタイルに合うものではありませんが、「収納は各個室に1つずつあるもの」という固定概念に縛られる必要はありません。

自由な発想で収納について考えてみてはいかがでしょうか?

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、第2.4木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る