飾り

メニューを開く

ブログ

2019/11/16

造作家具でテンションが上がる居心地のいいキッチンを

造作家具でテンションが上がる居心地のいいキッチンを 写真

食事の時間は、家族みんなで過ごす大切な時間の一つ。

だからこそ、キッチンで料理をする時間も大事にしたいですよね。

とは言え、忙しく過ごしていると、料理はそれなりに苦痛を伴うもの。

できればあまりキッチンにはいたくないという人もいるかもしれません。

造作家具でキッチンに温もりを加える

しかし、キッチンにいること自体が楽しく、ちょっとテンションが上がるものだったらどうでしょうか?

自然と料理の時間は楽しくなるでしょうし、今までは忙しくてスーパーの惣菜が中心だったという人も、料理をする時間を積極的につくりたくなるかもしれません。

そんなキッチンを考える上で重要なのが造作家具です。

造作家具が入ることで、空間に温もりが生まれます。

機能的であることも大切ですが、植物やお気に入りの雑貨をディスプレイできる飾り棚があると、そこはリビングのような居心地のいい場所になります。

瓶にコーヒー豆やシリアルを入れて棚に置いておくだけでも素敵なインテリアになります。

そんなキッチンには家族が自然と集まり、子どもたちも積極的にお手伝いをするようになるかもしれません。

食を考えることは、家族の長期的な健康を考えることでもあります。

キッチンはそのための大切な場所。

キッチンの居心地をよくすることが、生活の質を上げることにつながると思います。

スタイルハウスで手掛けた住まいの中から、キッチンの造作家具の事例を2軒ピックアップして紹介します。

2段の飾り棚にグリーンや調味料を飾る

燕市八王寺のI様邸のキッチンは、壁側にダークトーンのカウンターがあり、その上に炊飯器やオーブンレンジが並んでいます。

その下にはゴミ箱のスペースを確保。

上部は2段の飾り棚で、よく使う調味料や器、観葉植物が並んでいます。

カントリースタイルの空間にあった温かみあるキッチンが完成しています。

デスクまでが一体になった広いカウンター

三条市西大崎のK様邸のキッチンは、壁側の端から端までが造作家具。

奥側はデスクになっており、ちょっとした書き物やパソコンでの作業、お子様の勉強スペースとして多目的に使えます。

キッチン側は広々としたカウンター。調理家電を置いたり、好きな雑貨を飾ったり、自由度の高いスペースです。

12個の引き出しも収納力抜群で、機能性にも富んでいます。

毎日使う場所だからこそ、ずっとそこに居たくなるような素敵なキッチンを目指したいですよね。

そのために重要な役割を果たす造作家具について考えてみてはいかがでしょうか?

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、第2.4木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る