飾り

メニューを開く

ブログ

2020/02/22

自由設計だからできる、あんなことこんなこと

自由設計だからできる、あんなことこんなこと 写真

スタイルハウスは自由設計の注文住宅を手掛けている会社で、自由度の高い間取りはもちろん、さまざまな造作家具をお客様の希望に合わせてオーダーメードでつくることができます。

「雑誌やインスタグラムで見つけた造作家具やインテリアを自分の家でも実現したい…」そんなご要望に応えることができます。

それは、効率を重視する量産型の大手住宅会社では難しいことで(不可能ではないですが、あまり得意ではなく、費用もかなり大きくなることを覚悟した方がいいでしょう)、そもそもご自身がどういう家に住んでどんな暮らしを送りたいのか?によってどのタイプの住宅会社に依頼をするべきかの判断が分かれる部分でもあります。

では、当社ではどんなことができるのか?今回は小さな部分をご紹介します。

棚板を斜めにした下駄箱

下駄箱の棚板は水平に設置されるのが一般的ですが、「靴を見せるように置きたい」というお施主様の希望に合わせて棚板を斜めに取り付けました。

角度を付けすぎると滑り落ちてしまいますので、そんな不便を感じない角度にしています。お気に入りの靴をずらりと並べて眺めたい。靴が好き人なら共感できますよね。

下駄箱はただ靴を収納するためだけの場所ではなく、ギャラリーのように楽しんだっていいんです。

それは効率重視とは異なる、暮らしを豊かにする考え方です。

浮造り仕上げの柱

木目の柔らかい部分を削り取ることで、表面の凹凸を際立たせた木材のことを浮造り(うづくり)と言います。

木の表情が力強く浮かび上がるのはもちろん、触れた時の立体感も心地いいものです。角を粗く削り取ったアンティーク加工もまた深い味わいを感じさせます。

この加工は新築時よりも5年10年経過した頃にさらに家になじんでいくでしょう。

こちらも効率重視とはことなる、感性を楽しませてくれるものです。

エイジング加工を施したカップボード

私たちスタイルハウスは造作家具をつくるのが得意です。

新築のピカピカの雰囲気ではなく、アンティークな趣きをつくり出すために「ヴィンテージウッド」というエイジング加工が施された木材を使い、キッチンのカップボードを造りました。

こちらは完全オーダーメード。このようなカップボードはカタログから選べるものではなく、使いやすいようにサイズや棚板、扉の位置を決めてつくったものです。

持ち手の金具にはアイアン(鉄)を使用しているところもポイント。

毎日手で触れる場所ですから、触り心地も大切に考えています。

住宅は設計が合理的であることはとても重要で、私たちも家事動線・生活動線・収納計画などの効率を大事にしています。

しかし、暮らしの豊かさという観点で見た時には、「楽しい」「気持ちいい」「心地いい」という感覚がとても大事で、それは効率とは全く別のものです。

合理的でありながら、感性も楽しませる住まい。

私たちは、ちょっと手間の掛かる自由設計にすることで、お施主様の理想の家と暮らしをつくっています。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、第2.4木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る