飾り

メニューを開く

ブログ

2018/11/29

住宅購入の頭金、どれくらい用意するといいの?

住宅購入の頭金、どれくらい用意するといいの? 写真

子どもが成長するとともに、段々と手狭に感じてくる賃貸住宅。これからのことを考えて、そろそろ家を建てようかなと思った時に、最初に悩むのがお金のことだと思います。

住宅購入には一体どれくらいの費用が必要なのか?毎月のローンはいくらくらいになるのか?頭金はどれくらい用意しておくのがいいのか?

さまざまな疑問や悩みが湧いてきますが、今回は「頭金」について解説をします。

頭金の役割とは何か?

例えば、住宅を購入する総費用が2,900万円だったとします(建物2,200万円+土地700万円。※計算を分かりやすくするために諸費用を含めない試算とします)。

頭金を最初に支払うことで、総費用のうちのローン借入金額を減らすことができます。

ローンとは当然借りたお金を利息付きで返す仕組みですので、同じ期間で返す場合は借入金額が少ないほど利息の合計金額も少なくなります。

それが例えば35年という長期間にわたる場合、その違いは数百万円の差になることがあります。ですので、頭金の割合が高いほど(=ローンの借入金額が少ないほど)総支払額が安くなります。

浮いた差額を養育費に充てたり、老後資金として蓄えたり、趣味や旅行に使うことで人生をより充実させることができます。

頭金の額によって、総支払額はどれくらい変わるのか?

金利1.5%、固定金利、35年返済という条件で次の3つのケースで比較をしてみましょう。

①頭金を用意せず、2,900万円全額をローンで支払う場合。

②頭金を300万円用意して、残り2,600万円をローンで支払う場合。

③頭金を1,000万円用意して、残り1,900万円をローンで支払う場合。

計算すると、それぞれの毎月の返済額・総支払額・利息分に下記のような違いが現れます。

①頭金0円の場合

月々の返済額が88,793円となり、総支払額は37,293,064円、そのうちの利息分は8,293,064円となります。

②頭金300万円の場合

月々の返済額が79,607円となり、頭金を含めた総支払額は36,435,194円、そのうちの利息分は7,435,194円となります。

③頭金1,000万円の場合

月々の返済額が58,175円となり、頭金を含めた総支払額は34,433,251円、そのうちの利息分は5,433,251円となります。

つまり頭金を用意しなかった場合と比べると、頭金を300万円支払った場合の総支払額は約86万円安くなり、頭金を1,000万円支払った場合は286万円も安くなります。

ちなみに、③のケースで月々の返済額を①の頭金を用意しなかった場合と同等の金額にすると、返済期間を短縮できますので、さらに総支払額を安くすることができます。

④頭金を1,000万円用意して、残りの1,900万円をローンで支払う場合で、返済期間を21年にすると、

月々の返済額が87,940円となり、総支払額は32,161,020円、利息分は3,161,020円となります。

この場合は、頭金を用意しなかった場合と比べると、総支払額はなんと513万円も安くなるのです。

ただし、もしもの時のための貯金は残しておきましょう

ここまで頭金のメリットを紹介してきましたが、頭金を貯めるのに時間を掛けるということは、家族でマイホームに住み始める時期が先延ばしになり、結果的にマイホームで家族が一緒に過ごせる時間が短くなるということでもあります。

また、その期間アパートに住むとしたら、当然家賃分は戻ってきませんので、無駄になるという考え方もあります。

また、現在貯金が300万円あるからといって、全額を頭金に使ってはいけません。何か起こった時のために、半年間は家族が生活できるだけの貯金は手元に残しておきましょう。

そして、適切な資金計画は家族ごとに異なりますので、プロに相談してアドバイスをもらうのが最適な方法と言えるでしょう。

スタイルハウスでは無料相談会を随時受け付けており、資金計画のアドバイスをしています。無料相談会ページよりお気軽にお申し込みください。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、第2.4木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る