飾り

メニューを開く

ブログ

2020/11/27

注文住宅を検討中の方必見!収納下手でも安心な収納の考え方とは?

注文住宅を検討中の方必見!収納下手でも安心な収納の考え方とは? 写真

注文住宅を検討中の方で収納についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
収納下手であれば物が散乱してしまい、せっかくの注文住宅が台無しですよね。
そこで今回は、収納下手でも安心な収納の考え方についてご紹介します。

□動線に沿って収納スペースを設けることがポイント

収納スペースは、家事動線に沿って設けるようにしましょう。
まず、何をどこで使ってどこに収納するかを明確にすることをおすすめします。
それに沿って、必要な大きさや量の収納スペースを設けることが必須と言えるでしょう。
収納な苦手な人でも、片付けやすいように必要な収納を確保するのが一般的です。

□おすすめの収納設備

*ベビーカーやゴルフバックを仕舞える玄関収納

玄関は毎日家族が使用する上に、来客の目にも触れる場所です。
そのため、常に綺麗な状態に保っておきたいですよね。
しかし、靴やベビーカー、ゴルフバックなどが放置されやすい場所でもあります。

そこで、玄関収納を設置するのが良いでしょう。
ただ、玄関収納を何も考えず、設置するのは良くありません。
事前に何をどのくらいの量を収納したいのかを考える必要があります。

収納するものによっては、可動式の棚や浅めと深めの棚を組み合わせたりして、使い勝手が良いように工夫するようにしましょう。

このように収納したいものが何なのかを把握することによって、適切な玄関収納をプランニングできます。

*大容量のウォークインクローゼット

次におすすめの収納設備は、ウォークインクローゼットです。
ウォークインクローゼットは、人が入れるくらいのサイズのクローゼットのことで、「WIC」と書かれていることが多いです。

ウォークインクローゼットの中には、ハンガーパイプや棚が設置されています。
ハンガーに服がかけられたり、衣類を収納にできたりするのが大きな魅力であると言えるでしょう。
また、ネクタイやアクセサリー類、帽子など小物をまとめて整理も可能です。
また、着替えられるほどのスペースがあるので、身支度を短時間で済ませることも特徴と言えるでしょう。
主に、寝室に設けられることが多いですが、廊下やリビングの一角に備え付けられたりもできます。

□まとめ

今回は、収納下手でも安心な収納の考え方についてご紹介しました。
収納を考える際は、事前に収納したいものや量を把握するようにしましょう。
その結果、使い勝手の良い整理整頓が容易な収納スペースを設けられます。
今回ご紹介した収納設備以外にも便利な収納設備があるので、チェックするようにしてください。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、第1.4木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る