飾り

メニューを開く

ブログ

2021/07/10

注文住宅で間取りにお困りの方へ!実際の失敗例をご紹介!

注文住宅で間取りにお困りの方へ!実際の失敗例をご紹介! 写真

注文住宅を検討中の方は、間取りで悩まれる方が多いでしょう。
間取りは、普段快適に生活する上で最も重要と言っても良いです。
しかし、間取りを考える際には様々なことに気を配る必要があります。
そこで今回は、注文住宅の間取りの実際の失敗例と間取りを成功させるための秘訣をご紹介します。

□間取りの失敗例をご紹介

ここでは、実際にあった間取りにおける失敗例をご紹介します。
実際の失敗例を知ることで同じ失敗を繰り返さないための対策ができます。
参考にしていただければ幸いです。

1つ目は、トイレの位置についてです。
トイレの位置は、失敗例として取り上げられることが多いです。
その中でも、寝室との位置関係に不満を感じる方が多い傾向にあります。
寝室から遠すぎると面倒ですし、近すぎると音が気になってしまいます。

2つ目は、洗面所が混雑してしまう例です。
朝の出勤や登校の時間帯は、家族みんなが洗面所を使うタイミングでしょう。
時間のない状況で、順番待ちをしていると不自由に感じてしまいます。
家族の人数が多い場合は、少し広めにとった方が良いでしょう。

3つ目は、収納についてです。
収納がしっかりしていない場合、部屋にものが溢れかえってしまう可能性があります。
このようにならないためにも、現在所持している家具や家電、服と新しく買うものを把握してから収納を考えることをおすすめします。

□間取りを成功させる場合は、使い勝手の良い収納と効率の良い生活動線が大切

上記では、間取りの失敗例についてご紹介しました。
ここからは、住み良い住宅にするためにどのような間取りにすれば良いのかご説明します。

快適な暮らしを実現している間取りは、生活動線を重視して使い勝手の良い収納がたくさんあるものです。
動線は、それぞれの部屋を出入りする際に効率よく出入りできるものにすることや、家事のしやすい動線にするのが良いでしょう。

収納は、デッドスペースをうまく活かした収納だけでなく、出し入れしやすい作りになっていることも重要です。
出し入れしづらいと、結局ものを使わなくなってしまうことが多いです。

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りの実際の失敗例と間取りを成功させるための秘訣をご紹介しました。
失敗例としては、寝室とトイレの距離感や収納に関することなどが挙げられます。
間取りを成功させるためには、普段の生活を意識しておくことが重要です。
当社では注文住宅を承っておりますので、ぜひご相談ください。
 

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

イベントに参加する

資料請求する

ページの先頭へ戻る