飾り

メニューを開く

ブログ

2022/06/19

注文住宅におすすめの収納スペースとは?気をつけるべきポイントも併せて紹介!

注文住宅におすすめの収納スペースとは?気をつけるべきポイントも併せて紹介! 写真

「注文住宅におすすめの収納スペースを知りたい」
「収納スペースを考える際に気をつけるべきポイントを知りたい」
このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。
そこで今回は、注文住宅におすすめの収納スペースと収納スペースを設ける際に気をつけるべきポイントを紹介します。
ぜひお役立てください。

□注文住宅におすすめの収納スペースとは?

注文住宅の収納スペースをどのようなものにしようか悩んでしまいますよね。
ここでは、注文住宅におすすめの収納スペースを3つ紹介します。

1つ目は、ウォークインクローゼットです。
洋服の収納スペースは、ウォークインクローゼットがおすすめです。
洋服だけでなく、アクセサリーやバッグなどのアイテムも収納できます。
さらに、十分なスペースを確保することで、衣替えの手間を省けるでしょう。

2つ目は、壁面収納です。
天井から床までの壁を収納にすることで、収納スペースを確保するだけでなく、すっきりとした印象を与えられます。
また、テレビやオーディオなどを設計に組み込むことで、おしゃれな空間にできます。

3つ目は、パントリーです。
キッチンでは壁面の収納だけでなく、パントリーも設けることがおすすめです。
パントリーには、まとめ買いした食材や調理器具、キッチンで使用する家電製品を収納できます。
そのため、キッチンをすっきりさせたい方や、キッチンが散らかりやすい方は、パントリーを設けると良いでしょう。

□収納スペースを考える際に気をつけるべきポイントとは?

何も考えずに収納スペースを設けてしまうと、後悔する可能性があります。
そこで、収納スペースを考える際に気をつけるべきポイントを2つ紹介します。

1つ目は、奥行きや広さよりも壁面積が重要なことです。
収納スペースに奥行きがありすぎると、奥に入れたものが取りにくいです。
そのため、収納スペースは床面積ではなく、壁面積を重視して考えましょう。

2つ目は、生活動線を踏まえたスペースを確保することです。
収納スペースの使い勝手だけで考えてしまうと、生活動線が悪くなる可能性があります。
生活動線が悪いと日々のストレスの原因となり、快適に住めなくなってしまいます。
そのため、生活動線と収納スペースの使い勝手を同時に考えましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅におすすめの収納スペースと、収納スペースを設ける際に気をつけるべきポイントを紹介しました。
本記事を参考にして、収納スペースに関するお悩みを解決していただけると幸いです。
また、注文住宅の収納スペースについて相談したい方は、ぜひ当社までご相談ください。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

イベントに参加する

資料請求する

ページの先頭へ戻る