飾り

メニューを開く

ブログ

2020/11/29

注文住宅設計時必見!家事が楽になる間取りの考え方とは?

注文住宅設計時必見!家事が楽になる間取りの考え方とは? 写真

「注文住宅の間取り設計で考えておくべきポイントを知りたい」
このように、注文住宅の設計を考えている方が多くいらっしゃると思います。
特に、家事が楽になる間取り設計にしたいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、注文住宅の設計で家事を楽にするための間取りのポイントについて解説します。

□家事動線を整理する

*料理をするときの動き

料理をするときは、キッチン内での行き来が多いと思います。
具体的には、冷蔵庫から食品を取り出したり、調理台で食材を切ったりします。
他にも、シンクやコンロを行き来することもあると思います。
そのため、この行き来をできるだけ少ない歩数で完結させたいですよね。

効率よく行き来するためには、横一直線ではなく、三角形を意識した動線に設計するのが良いでしょう。
また、冷蔵庫のドアの向きもかなり重要です。
上記で述べた動線を邪魔しないように、事前に動線に合わせた冷蔵庫を選定するようにしましょう。

*洗濯をするときの動き

洗濯をするときの一連の流れとしては、洗濯機、物干し、収納が一般的だと思います。
特に、物干し場を2階のベランダに設置した場合は、横だけでなく、縦方向の動線を意識する必要が出てきます。
洗濯機から2階のベランダに水分を含んでいる衣類を運ぶのは大変ですよね。
家族の人数が多ければ多いほど洗濯物の量は増えて、何回も往復する可能性もあります。
そのため、できるだけ家事動線をシンプルにしたいですよね。

そこで、注文住宅を設計時にランドリールームの設置を検討するのがおすすめです。
なぜなら、洗面所で洗濯物を洗うところから収納するまでの一連の流れを1つの空間で完結させられるからです。
その結果、家の中を移動することなく、洗濯が完結するので、時間短縮につながります。

ランドリールームの設置場所としては、キッチンの近くが良いでしょう。
キッチン近くに設置することによって、キッチン作業と並行して洗濯作業を進めることができるからです。
結果的に、時間短縮につながって、子育てや余暇を楽しむ時間を作り出せるので、ストレスを軽減した心のゆとりがある生活を送れるようになるのではないでしょうか。

□まとめ

今回は、注文住宅の設計で家事を楽にするための間取りのポイントについて解説しました。
この記事を参考にして、家事動線を短くし、楽に家事を行える注文住宅の設計を検討してみてください。
特に、ランドリールームは1つの空間で洗濯作業が完結するので、導入することをおすすめします。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、第1.4木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る