飾り

メニューを開く

ブログ

2022/07/10

注文住宅をお考えの方に向けて!洗濯動線の良い間取りについて紹介します!

注文住宅をお考えの方に向けて!洗濯動線の良い間取りについて紹介します! 写真

洗濯は多くの工程があり、負担の大きい家事です。
その洗濯を楽にするためには、洗濯動線を考える必要があります。
そこで今回は注文住宅をお考えの方に向けて、洗濯動線の良い間取りについて紹介します。
洗濯動線を良くしたい方は、ぜひお役立てください。

□注文住宅をもっと便利に!洗濯動線の良い間取りとは?

洗濯には、洗濯物を「洗う、干す、たたむ、収納する」の4つの工程があります。
洗ってから干すまでの動線だけでなく、たたんでから収納するまでの動線も考えないと、洗濯動線は良くなりません。

例えば、「洗濯機、干し場、収納スペース」を1カ所にまとめることで、洗濯動線が良くなります。
洗濯機のある場所と干し場をドア1枚で行き来できるようにしたり、干し場と収納スペースをドア1枚で行き来できるようにしたりすると良いでしょう。
洗濯機のある場所にタオル類やパジャマ、下着などを収納できるようにすれば、洗濯がさらに楽になります。

□ランドリールームがある間取りにはどのようなメリットがあるのか?

先ほど、洗濯動線を良くするためには、「洗濯機、干し場、収納スペース」を1カ所にまとめることがおすすめと紹介しました。
「洗濯機、干し場、収納スペース」が1カ所にまとめられた部屋がランドリールームです。
ここからはランドリールームがある間取りのメリットを2つ紹介します。

1つ目は、24時間いつでも洗濯できることです。
近年、共働きやさまざまな働き方が増えているため、24時間いつでも洗って干せるランドリールームの需要が高いです。
また、花粉の時期には外干しすると花粉が洗濯物に付着してしまうため、ランドリールームの人気があります。
時間帯や外気環境を気にせずに洗濯したい方は、ランドリールームがある間取りがおすすめでしょう。

2つ目は、洗濯家事の時短で余裕ができることです。
家事を担う方は、洗濯は多くの工程から成り立っていることをご存じでしょう。
洗濯機を作動させてから、干し場まで運んで干して、乾いたものを取り込み、たたんで家族ごとに分類して収納します。

この一連の動作を1つの場所で行えるのがランドリールームです。
洗濯家事が時短できるため、洗濯が楽になります。

□まとめ

今回は洗濯動線の良い間取りについて紹介しました。
洗濯動線を良くするためには、洗濯から収納までの一連の動作を1つの場所で行うのがおすすめです。
洗濯に関してお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、注文住宅に関して相談したい方は、ぜひ当社までご相談ください。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00-18:00
 定休日:水曜日、木曜日、年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

イベントに参加する

資料請求する

ページの先頭へ戻る