飾り

メニューを開く

施工ギャラリー

三条市下須頃T様邸
  • ナチュラルスタイル

オークの木目が美しい、大人のカフェスタイルの住まい

オークの木目が美しい、大人のカフェスタイルの住まい 写真

2018年12月、三条市下須頃に完成したT様邸。

当社のナチュラルスタイルシリーズの住まいですが、かわいすぎない大人のカフェスタイルに仕上げています。

延床面積は約35坪。外観から内部空間まで、写真とともに詳しく解説をしていきますので、見学会に訪れたような感覚でご覧ください。

大地を感じさせる、ブラウンの落ち着いた佇まい

外観はスタイルハウスが標準仕様としている塗り壁仕上げで、色は落ち着いたブラウン。土を意味する「ソイル」というカラーですが、文字通り土のような温かみを感じさせます。

塗り壁は経年変化で味わいが深まる素材です。また、耐久性が高いのでメンテナンス費用を抑えられるという特長もあります。

道路側は西側になるので西日を抑えるためにも窓は少なめに。ブラウンの壁に白い上げ下げ窓が映えるヨーロッパのペンションのような佇まいになりました。

今回は屋根勾配を緩やかに、そして、軒を出さないデザインにすることですっきりとした印象にしています。

こちらが玄関を正面から見たところです。

撮影時には未完成でしたが、アプローチには枕木を並べ、隙間に砂利を敷き詰めることで建物の雰囲気とも合う優しい印象の外構ができあがります。

ポーチ部分は3尺(約90cm)分をくぼませることで出入りの際に雨に濡れないようにしています。

このくぼませた場所だけはレッドシダーの羽目板を張り、木の質感をアクセントにしています。

ゆとりある玄関ホールと、機能的なシューズクローク

玄関ドアを開けると、そこはゆったりとした玄関ホール。

無垢のオークの木目が美しい大人の空間が広がります。右に見えるドアを開けるとLDKにつながり、正面は洗面脱衣室、左には階段があります。この動線は「家に入ったらすぐに手洗いに向かえるようにしたい」という奥様のご要望を叶えたものです。

この玄関は横に広く、左手はシューズクロークになっています。

半分は階段下になっていますが、コート掛けもある機能的なシューズクロークです。

1坪分のシューズクロークは、ベビーカーやお子様の自転車などを置くのにも重宝する空間です。

今度は玄関ホールを奥から見てみましょう。

白とブラウンで統一された空間に、階段途中の窓からの光がたっぷりと降り注ぎます。ゆとりある玄関ホールは観葉植物が余裕で置ける広さ。ちょっとした緑があることで、どこかほっとする空間になります。

16畳のLDKは、心地いい大人のカフェ空間

次に、ドアを開けてLDKに入ってみます。

こちらがドアを開けたところから見たダイニングとキッチン。

玄関ホールと同様に、床はオークの無垢材で統一されています。キッチン前の壁も床と同じオークですが、こちらはクリア塗装仕上げ。どんな塗装をするかで同じ無垢材でも全く違う表情に変わります。

リビング側から見たLDK全景がこちら。

化粧梁や飾り棚がアクセントになった、心地よい大人のカフェ空間です。

空間全体の色味を抑えることで、ソファーやイスが引き立ちます。また、照明はあえてシンプルなものを選ぶことでバランスを整えています。

このLDKの広さは16畳。家族の距離が近くに感じられ、それでいてゆとりも感じられるちょうどいい広さの空間です。

ダイニング・キッチンを正面から見た感じもとてもきれいです。

使いやすいように収納を各所に分散させて配置しているのも特徴で、左手には両開きのちょっとした収納スペースがあり、その上は神棚になっています。写真では分かりませんが、右手の白い壁はマグネットボードになっており、書類などを簡単に壁に貼り付けることができます。

あると便利な多目的に使える和室

日中の自然光の雰囲気もいいですが、夜になると雰囲気が変わります。

ダウンライトとペンダントライトの温かい光に空間が包まれます。

そして、リビングの奥には6畳の和室が連続。こちらは3枚の引き戸で仕切ることができるので、将来寝室として使うことができますし、ゲストの宿泊用にも重宝すると思います。

普段はLDKと一体にしておくことで合計22畳の空間として広く使えますし、お子様を昼寝させたり遊ばせたりするのにも便利な場所になります。

縁なしの畳シナベニヤの天井押入にはLDKと同じ建具を使うなど、LDKとのバランスを崩さない和モダンデザインに仕上げています。

リビング・ダイニングを一望する対面式キッチン

次にキッチン内に回り込んでみましょう。奥様のご希望でキッチンは対面式にしており、ここからリビングやダイニングで過ごすお子様の様子を見ながら料理ができます。

天板は白い人工大理石、パネルにはパイン材が使われており、無垢の床を使った空間になじんでいます。

スタイルハウスでは木の質感が感じられるウッドワンの「スイージー」をおすすめしています。

キッチン奥には電子レンジやトースターが置ける棚を造作。冷蔵庫は奥に配置することで、目立たないようにしています。

また、これからつくる駐車スペースからスムーズに出入りできるようにとキッチンには勝手口も設置。家族用の第2の玄関として活用される予定です。

玄関ホールとキッチンをつなぐ洗面脱衣室

キッチンの隣は洗面脱衣室と浴室。

造作の洗面台には自然石モザイクをあしらってアクセントに。タイルとは異なる天然石ならではの豊かな表情が表れています。

この洗面脱衣室は玄関ホールから直行でき、キッチンとも隣り合っています。

家事効率がいい動線であり、帰宅後に手洗いやシャワーに直行できるのも魅力です。

広いルーフバルコニーがある2階

次に2階へ上がってみましょう。

2階は6畳の個室が2つと、7畳の寝室が1つ。ウォークインクローゼットと物干しスペース、8畳分もの広さがあるルーフバルコニーもあります。

階段部分の天井から下がっているのは、鉄とガラスを組み合わせたペンダントライト。クローゼットとホールを仕切る、チェッカーガラスが入った建具がレトロな雰囲気を醸し出しています。

奥にはバルコニーへつながる廊下を兼ねた物干しスペースが。

ロールスクリーンで洗濯物を目隠しすることもできます。

こちらは西側の6畳の個室。

壁は古材調のクロスで仕上げています。クローゼットの建具は、便利な姿見付きです。

こちらは奥にある東側の個室で、子ども部屋かご主人の趣味室として利用される予定です。

寝室は7畳で、東側の窓の外には8畳のルーフバルコニーがあります。

広いルーフバルコニーは洗濯物をたっぷり干すことができる他、アウトドアチェアを出してくつろいだり、家族でバーベキューをしたりと、さまざまな使い方ができるゆとりのスペースです。

毎年夏に行われる三条花火を眺めることもできます。

反対側には4畳のウォークインクローゼットが。

家族の洋服がたっぷりと収納できるのはもちろん、布団がしまえる広めの棚や、本や小物を収納できる可動棚など、使いやすさを考えてさまざまな大きさの棚を設けています。

使いやすい収納や広い物干しスペースを設けることで機能性を高めつつ、1階と同様にオークの無垢フローリングを使うことで木の質感が楽しめる優しい空間が完成しました。

ヨーロッパのペンションのような外観に、カフェのような心地いいインテリア。そこに機能的な家事動線や物干しスペース、分散配置された収納が組み合わせられた住まいです。

また、天井や壁内の空気を循環させながら全館冷暖房を実現する「エアー断熱」、断熱性能が高い樹脂サッシを採用するなど、断熱性能にも力を入れており、快適な暮らしを実現できる住まいが完成しました。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00~19:00
 定休日:水曜日・年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る