飾り

メニューを開く

施工ギャラリー

燕市八王寺I様邸
  • ナチュラルスタイル

便利な回遊動線がある、カントリー&サーファーズスタイルの家

便利な回遊動線がある、カントリー&サーファーズスタイルの家 写真

2018年11月、燕市八王寺に完成したI様邸。

当社のナチュラルスタイルシリーズの住まいで、施主のI様との出会いは竣工の3年前に弥彦で行ったオープンハウス。

そこで当社のナチュラルスタイルの住まいを気に入って頂き、家づくりをさせて頂くことになりました。

白を基調とした外壁が爽やかで、アメリカ西海岸のサーファーズハウスのような佇まいが目を引きます。

延床面積は32坪。写真とともに詳しく紹介していきますので、実際に見学会に訪れたような感覚でご覧ください。

サーファーズハウスのような外観

三角屋根が印象的なI様邸は「サーファーズハウスのような家にしたい」というI様の希望で、外壁の色は白で統一。玄関ドアまで白でそろえたことでシンプルで美しい佇まいになりました。色味を抑えたことによって屋根のグリーンが差し色として際立っています。

手前には下屋を間口いっぱいに伸ばしており、出入りの際に雨に濡れないのはもちろん、家の前に止める自転車を雨から守ります。

壁はスタイルハウス標準仕様の塗り壁で、年月とともに味わいを増していきます。

外観だけでなく、手前のアプローチ・カーポート・ポーチにもこだわりました。

カーポートの土間コンクリートは滑らかに仕上げるのではなく、あえて扇形のコテ跡を残したラフな仕上げに。

アプローチとポーチはデザインコンクリート仕上げ。スタンプで独特の表情と立体感を造り出し、天然石のような風合いにしています。

アプローチは住まいの顔であり、お客様を迎える最初の場所。今後植栽が入ることで、より華やかなアプローチが完成します。

また、ポーチ脇には枕木を使った水栓を設置。

冷たく無機質な雰囲気になりがちな水栓も、ひと工夫することで雰囲気を盛り上げる存在になります。

奥へと延びる玄関土間

玄関のドアを開くと、土間が奥へと延びています。

こちらの土間もポーチと同じデザインコンクリート。

左側のリビングへ入る動線とは別に、奥のキッチンへ直行できるつくりにしています。

これにより、買い物帰りにそのまま真っ直ぐ進んで荷物をキッチンに運ぶことができます。

途中には目立たない位置にシューズクロークを設置。

家族4人分の靴をたっぷり収納できるのはもちろん、コートや雨具を掛けたり、カー用品やガーデニング用品を置いたり。冬場は野菜を保管しておくのにも重宝するスペースです。

18畳のL字型のLDK

玄関で靴を脱いでリビングへと向かってみましょう。ドアを開くと、南側の掃き出し窓からたっぷりと日差しが入る心地いいLDKが迎えてくれます。

床はダークブラウンに塗装した節ありのパイン材。天井の化粧梁もダークブラウンで塗装して、ほっとするカントリー調の空間をつくり上げました。無垢材の中でも柔らかいパイン材は優しい踏み心地の床材です。

リビングとダイニングはインダストリアルスタイルの照明を吊り下げて、シックなカフェのような雰囲気をプラス。

キッチンはダイニングと横並びにして、食事の支度や片付けがスムーズに行えるようにしています。

キッチンは当社でおすすめしているウッドワンのスイージー。パネルの木の質感や黒い金具がLDKに溶け込んでいます。

また、キッチンの周りをぐるりと一周できるので、玄関に行くのもリビング側に行くのもとてもスムーズ。キッチン前にハイチェアを置けばカウンターのように使うこともできます。

調理をする奥様と向かい合ってお子様がここでココアやジュースを飲みながら話したり、ご主人がお酒を飲んだり。休日にご主人が料理をする様子を奥様が眺めながらお茶を飲んだり…。ここは家族の仲がさらに深まるような使い方ができるキッチンです。

キッチンの後ろにあるのは造作の収納棚。

お皿やたまにしか使わないカップは扉付きの収納に、よく使うカップやお気に入りの雑貨は手に取りやすくよく見える上の棚に。見せる収納と隠す収納をバランスよく配しています。

電子レンジや炊飯器は扉付きの棚の上に。さらにはゴミ箱を置くスペースも設けています。

ちなみにダイニングテーブルは当社ショールームで使っているテーブルと同じもので、スタイルハウスのオリジナル。

また、I様邸には畳のスペースがありませんが、リビングに2畳分の置き畳を置いて使う予定です。(置き畳についてはコチラの記事をご覧ください)

ランドリールームを備えた洗面脱衣室

次に洗面脱衣室に行ってみましょう。洗面脱衣室があるのはキッチンの奥。引き戸を開けたところにあります。キッチンとの行き来がしやすいため、家事が効率的に行えます。

約4畳と広めの洗面脱衣室には深さがあるスロップシンクが置かれ、お子様の服などを洗うのに活躍。

ここは物干しスペースを兼ねており、洗濯の後にはその場で物干しまで完結する家事ラクな設計にしています。

洗面台は幅180cmと広いので、朝の混みあう時間には二人で並んで使うことができます。

タイルや水栓、鏡にもこだわり、かわいい洗面台が完成しました。

個室を配した2階

次にダイニングの奥にある階段を上って2階に向かいます。

お子様たちが自分の部屋に向かうときに必ず顔を合わせられるようにというI様ご夫婦の要望で、階段はLDKの中に設けています。

階段を上がったところには、造作の洗面台とトイレを配置。

2階に洗面台を設けることで、寝る前の歯磨きを1階に下りることなくできますし、夜中に喉が渇いた時も2階で水を飲むことができます。

ちょっとしたことですが、2階にトイレや洗面台があると階段の上り下りの手間を減らすことができます。

こちらは東側の6畳の子ども部屋。上げ下げ窓の向こうには土手の緑が眺められます。

この他に6畳の子ども部屋がもう1つと、7.5畳の寝室が配されています。

こちらは寝室内に設けたウォークインクローゼット。ハンガーパイプを2段にしているので、たっぷりと洋服を収納できます。

2階のホールには布団が収納できる押入が設けられていたりと、収納もたっぷりと確保しています。

外観はサーファーズスタイルで、中はカントリースタイルのかわいらしいI様邸。

デザインや雰囲気にこだわっていますが、動きやすい回遊動線や家事がしやすい家事ラク動線、分散配置した収納など暮らしやすさも追求した住まいです。

Contact

資料請求・ご相談はこちら!

0256-35-3702

営業時間9:00~19:00
 定休日:水曜日・年末年始・夏季休暇

家づくりがはじめての方、
住宅ローンについて知りたい方、
土地の相談をしたい方、
予算についてご相談したい方、
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

「ホームページを見て、お電話しました!」 「ホームページを見て、お電話しました!」

open

FACEBOOK 外部リンク

住まいの無料相談・資料請求 リンクバナー

このページのtopに戻る

お電話でのお問い合わせ 0256-35-3702

資料請求

ページの先頭へ戻る